キャッシングの不安をまとめて解決

キャッシングの審査が通るか不安

収入や仕事、家族やこれまでの借り入れ額など、キャッシングを利用する際の審査では何に使うんだろうという項目をたくさん記入しなくてはなりません。

もちろんこれらは意味もなく記入しているわけではなく、これによってキャッシングの限度額や、そもそも借り入れできるのかなんていうことが決まる大事な項目なのです。そんないくつかの要素によって判定されるキャッシングの審査が、とても不安だと考える人も多いでしょう。

例えば収入が少なくて審査を通過できるか不安という場合があります。しかし、収入が低いからといって審査を落とされてしまうということはありません。

何故ならキャッシングでは50万円以上の借り入れでなければ、そもそも収入をチェックされるということはないのです。そんな収入を何故自己申告する必要があるのかというと、総量規制という年収の3分の1しか借り入れができないという法律の判断基準とするためでしょう。

自営業というのも、収入が安定していないと判断されることが多いのですが、収入証明書類をしっかりと提出すれば、借り入れをすることはできます。

次に仕事が安定していないということを気にしている人が多いようです。確かに勤続年数というのは審査をするにあたってとても重要なものとなっており、消費者金融では半年、銀行では1年を基準にして審査をしています。

しかし、勤続年数が足りていないから即審査落ちということはなく、審査というのはいくつかの項目に引っかかった時に落とされるということになっていますので、勤続年数が確実に半年必要というわけではありません。ちなみに正社員でなければ審査に通過しない、なんてこともありませんので安心しておきましょう。

最後にひとつ注意点として、これらの項目の内容が充実しているほうが審査に通りやすいというのは確かなことではありますが、絶対に嘘だけは書いてはいけません。嘘は確実にばれてしまい、最悪の場合かなりの期間審査に通過することがなくなってしまいます。