キャッシングの不安をまとめて解決

金利が高く取られすぎないか不安

キャッシングの大きな不安要素である金利ですが、いろいろと難しいことが多いように思え、初めてで完全に理解できるという自信のある人は少ないのではないでしょうか。そして理解していないのをいいことに、金利が高く取られてしまうんじゃないかと不安に駆られている人もいるでしょう。

この金利というのは、実はいくらでも取っていいというものではなく、法律で金利の上限が決められています。具体的にお話すると、借り入れの金額が10万円未満であれば20%、10万円以上で100万未満であれば18%、そして100万円以上であれば15%というようになっています。

これを超える金利に設定されていた場合には絶対にその業者からお金を借りてはいけません。何故ならそういった業者というのは違法業者と呼ばれるものだからです。もちろん大手の会社にはこれ以上の金利に設定している会社はまずありませんので、安心しておきましょう。

大手会社ではこの法律で決められている金利よりも、低めに設定されているところが多いので、いくつかを比較してみて金利の低い所を選ぶことをオススメします。しかし、初めて比較をする人は金利の振れ幅に戸惑うかもしれません。

金利というのは借りた金額に応じての振れ幅というものがあり、おそらくどこの会社でも○%~○%のようになっていることでしょう。

これはついつい低いほうに注目しがちになると思うのですが、実際に注目してほしいのは大きいほうの数字です。どうしてかというと、実際に低いほうの数字が適用されるということは少なく、むしろ初めて利用するという場合には大きい数字のほうになることが多いからです。

これを知っておけば、先に大きいほうの数字で計算をしておけるので、思っていたより高い金利を取られるということもなくなるでしょう。

ちなみに金利が分かっていれば「借りた金額×金利の%」という式で実際に払う金額を求めることができるので、一度計算してみるといいかもしれません。